熊さとの戯言

自分の体験などを雑記帳・備忘録として

オーガ・バスターズ 第37話

第37話  独断専行

 

夜、人気のないビジネス街の路上

 

あかね

「おりゃ~」

執事の鬼に攻撃を仕掛ける 

それを、メイド妹の盾で防がれ

執事の鬼、血鬼術「工具」ウエイトを、あかねの頭の上に出現し落下

あかねはそれを避けると、メイド姉の矛が飛んできて巨大ハンマーを盾に矛を防ぐ

その側で見て、あかねのサポートに入ろうとする陽壱

「俺もやるぞ!!」

あかね

「あんたみたいな、お花畑野郎に来て欲しないわ」

陽壱のサポートを拒否する

陽壱

「何だと~」

あかね

「こんな奴ら、あたい1人で充分や!!!」

陽壱

「何やかんや、手間取ってるじゃないか!!!」

また、喧嘩をしだした2人

武市

「敵の前で何をしているんだ!!」

2人を停めに入る

 

その様子を見て、呆ける

執事と双子メイドの兄妹

執事の鬼

「このチーム、先のチームに比べてまとまりがないな・・・」

メイドの姉

「そうみたいね」

メイドの妹

「じゃ、どうしましょう」

執事の鬼

「装備も武器も、解体前に比べ、段違いになってる」

「1人でずつ、確実に始末していこう」

メイドの姉妹

「うん、分かったよ」

執事の鬼

「ありがとう、鬼美子・鬼美恵」

「それにしても、舐められたものだな・・・」

 

陽壱、あかねが、落ち着いたタイミングで

武市

「あかね、お前が1人で」

「あの3人の鬼と対戦してみろ」

あかね

「えっ?」

陽壱

「武市副長、どういう事ですか?」

武市

「その代わり、あかね」

「やばくなったら、わしらも手をだすからな」

あかね

「ほんじゃ、良いんやね?」

武市

「では、頼むぞ!!」

あかね

「オッケー、任せな!!」

執事の鬼に立ち向かう、あかね

陽壱

「ちょっと待って下さいよ」

「あかね1人だと、無事ではすまないですよ」

武市

「心配するな!!陽壱」

「この責任はわしが取るから」

陽壱

「そんな意味では・・・」

武市

「分かっている」

「陽壱にも言わなければならないと思ったが、あかねに止められたんだよ」

「陽壱、あかねの不仲がここまで続くなら、仕方がない」

「・・・実はな、あかねの兄が鬼に殺されたんだよ」

陽壱

「何だって・・・」

武市

「しかも、戦って殺されたのでなく、卑怯な手段で・・・」

陽壱

「どういう事ですか?」

 

執事と双子メイドと戦っているあかね

(あんな御人好しが戦ってたら、いくら命があっても足りへんわ)

(あたいのお兄ぃみたいに・・・・・)

 

 

回想開始

 

 

あかねが高校生の時

あかねの住む一軒家

両親、兄、あかねの4人家族

日中

 

あかねに家の出入口のドア開き、女性が入ってきた

玄関先で

「夏哉(なつや)来たで~」

台所からひょっこり、あかねの母が出てきて

「あら、明菜ちゃん、いらっしゃい」

「夏哉は、いま事付けで買い出し行って貰ってるんよ」

「もうすぐ帰って来るから、家に上がって待ってて~な」

女性=明菜=あかねの大阪支部の上司・副長

「おばちゃん、上がらせてもらうわ」

「おじゃましま~す」

あかねの母

「もう~おばちゃんじゃなくて・・・」

明菜

「あっ!!お義母さんだったわ~」

 

お兄ぃと 明菜副長とは、あたいの母と明菜副長の母が幼馴染だったため

あたいたち兄妹と明菜副長の兄弟姉妹が親戚同然になっていた

同じ道場で共に武術を学びんだりしていた

 

二階のあかねの部屋

母と明菜の談笑が聞こえる

ベッドに寝転がって、漫画を見ている、あかね

「あれ?」

「明菜ねえちゃん、きたんかな」

ベッドから起き上がり、部屋から出て、階段から降りて

「明菜ねえちゃん!!!」

明菜

「あかねちゃん」

「勉強がんばってる~」

あかね

「お母ちゃんと一緒のこと言ったらあかんやん」

明菜

「おば・・・お義母さんと一緒の事、言ってもうたんや~」

女3人笑いあう

 

リビング

 

あかね

「とうとう、明菜ねえちゃんとお兄ぃと結婚なんや~」

「なんか、いいなあ~」

明菜

「あかねちゃんは、いい人居てへんの?」

あきな

「いてるわけないやん~」

あかねの母

「あかね、男っ気ないしね~」

明菜

「そうなん?」

あかね

「そんな訳ないやん」

女同士、笑いあってるうちに

ひょこっと

「おかんの頼んでたの、買ってきたで~」

買い物袋を掲げながら

身長が180cm位の30歳丁度のガッチリした体系の男性が現れた

その買い物袋を、あかねの母が貰い

「あら、ありがとね、夏哉」

明菜

「おかえり、夏哉」

夏哉

「明菜、来てたんや」

明菜

「来てたはないで~」

「結婚式の段取りの話し合いするって言ってたやん」

夏哉

「あっ!!」

「そうだったわ~」

明菜、細目で疑いながら

「もしかして・・・忘れてたん?」

夏哉、なんとか誤魔化そうと

「そ、そんな事ないで」

明菜、ため息をつき

「・・・・・」

「まあ、いいわ」

夏哉、苦笑い

「ははは・・・・」

あかね

「ほんま、お兄ぃって、そういう処ぬけとるわ」

「それでよう、副長やってんもんな~」

夏哉

「それ、言い過ぎやで」

あかね

「そうかな~」

明菜

「でも、仕事だと抜け目ない処か、精密やで」

「ほぼ、完璧にこなすよ」

「だから、わたしより遅く入隊したにも関わらず、早く出世したもんな」

「まあ、わたしが、夏哉を鬼跋特務隊に誘ったんやけどね・・」

夏哉

「ナイス!!明菜」

「いい事、言ってくれるやん」

明菜

「でも・・・・」

「お人好し過ぎるのが玉に瑕」

「なんでも、引き受けて自分が疲弊するんだから・・・」

「世話ないで~」

夏哉

「褒めてから、落とすか~」

あかねの母

「たしかに、お人好し過ぎるね・・・」

「まだ、あんたの友達にイラン事してへんやろね?」

夏哉

「それは・・・」

「心配しなくていいで」

明菜

「・・・・・」

あかね

「???」

そのお兄ぃのお人好しが災いして、鬼に殺されるとは、露とも思わんかった

 

・・・・・・

 

結婚式の段取りが終わり

その帰り道

ある繁華街

 

夏哉と明菜を後ろから声をかけて来た

「よっお二人さん」

2人、声を掛けた方を向く

夏哉と、良く似た体格の、柄の悪い男が立っていた

 

そう、こいつが、お兄ぃを騙し殺した鬼である

この時は、まだ人だった・・・

 

夏哉

「信勝!!」

「ここで何してんや」

信勝

「おいおい、天下の公道で」

「何しようが勝手やろ」

「あっそうそう」

「ちょっと困ってるねん」

「また、お金貸してくれや」

夏哉

「そういや、お前、前に紹介したった会社の上司を殴って、辞めさされたんやったな」

信勝

「上司がパワハラするからや」

夏哉

「だったら・・・・」

そこで、明菜が2人の話に割り込み

「信勝さん、貴方にあげる程のお金はもっていません」

信勝

「おいおい、明菜ちゃん」

「相変わらず、気が強いな」

「それに、貸してとは言ったが」

「くれとは言ってへんやん」

明菜

「貸した、貰ったの屁理屈は良いです」

「私たち帰るので、これ以上関わらないで下さい」

信勝

「それは、つれないなぁ」

「俺ら3人、同じ道場で学んだ仲やんけ」

明菜

「毎日の自堕落な生活や、如何わしい人たちと付き合ってる人に、共に武術を学んだ人はいません」

信勝

「明菜!!!言わせとけば」

「いい気になりやがって」

明菜の胸ぐらを掴もうとした時

夏哉がその手を握り

俺の嫁に手ぇだしてんじゃね」

「今ここでやっても良いんやで?」

信勝を睨む、夏哉

握られた手を、無理やりはがし

信勝

「ちっ、もういいわ!!」

逃げるように、2人から離れて行った

 しばらくして

夏哉

「ごめんやで、明菜」

明菜

「別にいいよ」

「あのまま、夏哉と信勝さん、2人で話したらグダグダになって」

「結局、お金をあげてしまう羽目になるやろうね」

夏哉

「・・・・・面目ない」

明菜

「・・・・・」

「でも、夏哉のその”お人好し”な処も好きやで」

夏哉、涙ぐみ

「明菜~~」

突然、明菜をハグをし

「俺も、明菜のそういう”しっかりした処”大好きやで」

明菜、頬を赤らめて

「もう、こんな所でハグされたら、恥ずかしいやん」

ハグをやめてから

明菜

「お人好しするの、相手みてからやってや~」

注意をする

夏哉

「そうやな・・・・」

「俺ら夫婦になったら、かかあ天下やな~」

明菜

「あら、ご不満かしら?」

夏哉

「いや~むしろ大満足やで」

明菜

「そなんや~良かったわ」

 

あつあつカップルしながら、家路につく2人だった

 

この一週間後に、あの事件が起こってしまった

 

 

つづく・・・・・