熊さとの戯言

自分の体験などを雑記帳・備忘録として

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(32)

第32話  束の間の平穏

 

鬼跋特務隊本部・指定病院 病室

ベッドで眠っている殺罪鬼=皐月

その横で看病している実那

「御前から解放されて」

「鬼の生活から抜け出せて」

「ホントに良かったです、皐月」

トントン、病室の扉が鳴り

「よろしいでしょうか?」

実那

「はい、どうぞ」

賢子

「皐月ちゃんの様子をどうかな?」

実那、席から直ぐに立ってしまい

「知花司令官!!」

「お疲れ様です」

つい、敬礼してしまう

賢子もつられて敬礼し

「碓氷実那隊員」

「ご苦労様です」

優しく微笑み

「そこまで、かしこまらなくても良いですよ」

実那

「でっでも・・・・」

賢子

「じゃ~実那ちゃんでいいかな?」

「私の事、賢子って呼んで欲しいな」

実那

「司令官は、お医者さんだし、賢子先生でどうですか?」

賢子

「ふふふ・・・」

「呼び慣れてるし、それでいいよ」

「よろしくね、実那ちゃん」

実那

「よろしくです!!」

「あたしも、賢子先生に”実那ちゃん”って呼ばれて嬉しいです~」

賢子

「そうなの、良かったわ~」

「今の処、皐月ちゃんに悪い症状は出てないね」

実那

「賢子先生って、皐月のこと」

「よく知ってるですね」

賢子

「よく、皐月ちゃんの悩み事とか相談してたからね」

実那

「そうなんですか~」

「どんな相談事だろうなぁ~」

賢子

「鬼も人も変わらないよ、普通の女の子の悩み事」

実那

「例えば、恋ばな?」

賢子、笑みを浮かべながら、ちょっと言いにくそうに

「それもあったね・・・」

実那

「?」

賢子の顔が少し曇ったのに疑問を感じた 実那

その事に、賢子に聞こうとした時

皐月に付いていた、フードを着ていた男の子4人が

それぞれ違う制服を着て、見舞いに来た

「見舞いに来ました」

「皐月さん、起き上がった?」

突然の訪問客で、実那は賢子に聞きたかった事が聞けなくなった

賢子

「実那ちゃん」

「そろそろ、失礼するね」

実那

「賢子先生、忙しい処見舞いに来てくれて」

「ありがとうです」

賢子

「いいのよ、私も皐月ちゃん心配だったからね」

「もし何かあったら、連絡してね」

実那

「は~いです」

元・フードの男の子が来てしまった以上、聞くに聞けなかった

 

・・・・・

 

支部の食堂

 

食事をしている、陽壱と武市

 

陽壱

「いや~」

「びっくりしたな」

「あのフードの4人組」

「鬼と思ったら、人だったもんな」

 

*フードの4人組、殺罪鬼が倒れて介抱している処を襲い掛かり

陽壱にあっさりやられた・・・

 

武市

「恐怖で支配されてると思ったら」

「いじめの報復をしてくれた恩で、殺罪鬼に付いてたなんてな」

陽壱

「なんやかんや、人と鬼が共存してるもんですね」

武市

「我々、鬼跋特務隊がいい例だな」

陽壱

「確かにそうですね」

「1ヶ月謹慎処分受けた実那も」

「タイミング良く幼馴染みの見舞い行けて良かったですね」

武市

「そうだな、本当にな~」

「そうだ、実那の謹慎期間中、大阪支部からの隊員が、わしらのチームに配属するらしい」

陽壱

「大阪からですか?」

「どんな人でしょうね~」

武市

「なんでも、重いハンマーを軽々持ち、雷の呼吸の持ち主で、地元では、”なにわのトール”って渾名が付いているみたいだ」

陽壱

「トール?」

武市

「ほれ、北欧神話に出てくる雷神の名前だよ」

陽壱

「あ~成る程ね」

 

・・・・・

 

大阪

夜の道頓堀、周りはバリケードが張られている

格闘家風の鬼が3体と

巨大ハンマー、忍者刀、ショットガンを持つ3人の女性鬼跋特務隊

20代中の160cm位の胸のでかい

いかにもヤンキーっぽい、ハンマーの隊員

「これでも、食らえや~」

地面を叩き付け、雷を鬼たちの周りに感電させ、動きを一時停める

忍者刀の隊員、水の呼吸で閃光の如く素早く、鬼の1体の頸を切断

もう1体を狙いを定め飛びかかったが鬼が飛んで逃げ外した

20代前半、150前半の幼児体系っぽい、忍者刀の隊員

「もう、逃げたらアカンやん」

その逃げた鬼を、まるで巨大な火のたまの炎を纏った弾で頭に命中

胴体がぼとりと、地面に叩き着いた

30代中の168cm位の出る所はちゃんと出てる体格のショットガンの隊員

「なんやかんや、連携とれるもんやね~」

最後の一体の鬼は素早く、倒れた鬼の肉体を吸収し

頭に3つの顔、腕が6本の阿修羅のような鬼に変身した

ハンマーの隊員

「なんか、ごっついのが出来たで」

忍者刀の隊員

「きしょいわ~」

ショットガンの隊員

「何が来るか分からへんから」

「慎重に行くで・・・・」

ハンマーの隊員と忍者刀の隊員がまっしぐらに

阿修羅の鬼に立ち向かう

ショットガンの隊員

「こら~!!」

「何勝手に動いとんねん!!」

「・・・・・」

「仕方ないな~」

「援護するか」

阿修羅の鬼、血鬼術の竜巻を使い、ハンマーと忍者刀の隊員を退ける

ハンマーの隊員

「なんか必殺技出たで」

忍者刀の隊員

「きしょいわりに、必殺技持ってたんや」

ショットガンの隊員

「だから、言ったやろ!!」

「慎重に行こって・・・」

と2人を突っ込んだ

2人、しけた顔をし

ハンマーの隊員

「そんなこと言ってたか?」

忍者刀の隊員

「ぜんぜん聞いてへんわ」

ショットガンの隊員、ぷるぷる振るえ、

ドスを効かせ 「お前らなぁ~」

その間にも、阿修羅の鬼の竜巻を撃って来る

ショットガンの隊員

「敵が迫ってんのに、文句言えんわ」

「今度は慎重に行くで」

2人

「おう!!」

すぐに臨戦態勢をとり、敵の攻撃のパターンを探りながら 攻防を続ける

大体のパターンが分かると

ショットガンの隊員

「最後の鬼の頸は、あかね、あんたが取りな!」

ハンマーの隊員=あかね

「よっしゃ~」

「あたいが、鬼の頸取ったるで」

忍者刀の隊員

「え~僕のは~」

ショットガンの隊員

「つばめは、先取ったやろ」

忍者刀の隊員=つばめ

「うっ、いけずやわ、秋菜(あきな)副長」

ショットガンの隊員=秋菜副長 、作戦の詳細をゴーグルの通信機能で伝え

阿修羅の鬼の周りを囲む

あかね

「それ~」

地面を叩き、電撃を鬼に感電 しようとしたが

鬼はジャンプをして、建物の壁を足場にして、あかね向かって蹴りを入れる

あかね避ける、着地した鬼を 秋菜、つばめが左右の腕を

ブースト機能を使って、破壊・切断

阿修羅の鬼、両腕を生やそうとしたが出来ず、逃げ出そうとした

秋菜副長

「おっと、逃がさへんで」

炎の閃光を纏った弾を2発撃つ 鬼の足を破壊し、鬼をうつ伏せに転がす

同時に、ジャンプしながら電撃の走ったハンマーを振り上げ

あかね

「鬼の頸・・・」

ハンマーを思い切り振り下ろし

「討ちとったり~」

鬼の頭を潰し、あかねガッツボーズを決める

崩れていく、阿修羅の鬼

周りの建造物が壊れている道頓堀界隈

秋菜副長

「あ~あ、大分いってもうたな」

「後は警察に任せて、私らは退散といきますか」

つばめ

「最後は、僕が決めたかったわ~」

あかね、ゴーグルを頭に上げ

「いえ~い」

ピースして最後を締めくくる

 

つづく・・・・・