熊さとの戯言

自分の体験などを雑記帳・備忘録として

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(23)

これ以降から、武市や実那の鬼との因縁のストーリーも書けそう

のち、御前の誕生の話も書かなくちゃ・・・

では、戯言小説のはじまり~

 

第23話  新生・鬼跋特務隊

 

陽壱の所属する鬼跋特務隊支部

会議室 局長以下隊員が集まる

今給黎

「鬼跋特務隊再建の目処がつきました」

「今から、再建して頂ける方のビデオレターを流します」

 

※オンライン出来るのに、わざわざビデオレターか分かるね?

 

スクリーンを流す

そして、20代中位の女性が写し出される

そして、挨拶の時に名を名乗った時に、どよめきが起こる

「知花賢子?」

「知花と言ったら!!」

隊員たちが口々に質問する

それを、今給黎

「君たちの言う事は分かる」

「最後まで見て欲しい」

どよめきが静まり みな、黙って聞く

 

賢子が、知花鬼刕華の娘であり、自分も鬼である事

自分は、子供の頃は、人食に対する本能に勝てず

自己嫌悪を感じていた、柘榴(ざくろ=”鬼子母神の物語に出る”)を食べる

と抑制できたことを発見

その後、薬学・医学の道に歩み、人肉食を抑制する薬を発明

さらに人肉の代用食品を発明して、一部の鬼は、人食いをしなくなった事

それでも、代用食品を拒否し、人を食べる鬼もいる事に残念だということも

 

自分と弟の2人は、体質で他の鬼と違い日光を浴びても平気だが

日光浴びてる間は、鬼の能力は使えなし、ましてや傷も人と同じように直ぐに治らない(夜になると直ぐに治る・・・)

 

鬼哭院御前の誕生(*この話は後ほど)に関わった事そして、その事に後悔したこと

社会に迷惑かけた事

鬼跋特務隊が解体される事に危機感を持った事

再建をするに当たって、それに匹敵する人脈と財政を持っていることと

母親の鬼刕華と袂を分かちた事

 

鬼による被害で悲しい思いをする人々を無くす為に

鬼哭院御前と母親である知花鬼刕華を滅する覚悟を持っている事

 

改めて、鬼跋特務隊員たちに迷惑かけてしまうが協力して欲しい事

そのためのあらゆるフォローを行う事を約束する事の内容を

ビデオレターに流した

 

隊員たちは、色々の思いを持ちそのビデオレターを見ていた

「鬼が我々に協力?」

「本当は、裏でまだ繋がってるだろう」

「いや、知花賢子は確かに鬼だが、人食はしてない言ってるから、大丈夫だろ」

「巨大な権力から、自ら立ち向かうの中々いないぞ」

等 賛否両論が沸き上がる

そして、全国局長会議の知花賢子への返答を

今給黎から伝える

「我々、各局長も、君たちと同じような質問を、あの知花賢子にぶつけました」

「知花賢子は、それらの質問に真に誠実に答えてくれました」

「その後、彼女が信用たるかを捜査しました」

「結果、知花賢子と言う人は、多大な貢献と彼女の多くの関係者から

慕われ支援を惜しまないほどの人物だと分かり、彼女を信用出来ると判断」

「彼女と共に、鬼跋特務隊は、社会の秩序と安定の障害となる鬼を生む

鬼哭院御前と知花鬼刕華を滅して行く事を決定しました」

「それでも、不服なら辞めて貰っても構わない」

それを聞いている隊員それぞれ複雑である

そんな時

武市

「みんな、鬼跋特務隊が復活出来てよかったではないか」

「鬼と言う怪物を倒し、その被害者の悲しみを1つでも無くせることが出来るのは

警察でも自衛隊でもない、我々、鬼跋特務隊だけだろ」

「なぁ~みんな、鬼のボスたちを倒すまで、頑張ろうや」

武市が思い切り腕を天にあげ 大きな声で

「よっしゃ~」

「やったるで~」

それに釣られて、陽壱も

「武市副長、俺も一緒にやるぜ~」

「鬼から子供達を守るために鬼跋特務隊に入隊したんだ~」

実那も

「あたしも、家族や友達を守るためです~」

武市の真似を、陽壱も実那もした

それをみた隊員も、それぞれの決意を宣言して場が盛り上がった

今給黎、涙ぐみ

「みんな本当にありがとう」

「皆さん、新生・鬼跋特務隊の船出が今始まりました」

「みんな、今まで以上に頑張っていきましょう」

隊員全員、気合いをいれて

「お~」

今にも、鬼哭院御前、知花鬼刕華を倒す勢いの盛り上がりを見せた

 

・・・・・

 

ある高層ビル

新しく出来た、新生・鬼跋特務隊本部・仮事務所

元・担当者

「大変です」

「知花さん!!」

賢子、落ち込む

「やっぱり、駄目でしたのね」

担当者

「いきなり駄目って言わないで下さいよ」

「全くの逆ですよ」

賢子、驚く

「え?」

担当者

「喜んでください」

「全国の支部で」

「知花さんと新生・鬼跋特務隊を歩んで行く事に歓迎してるのですよ」

(一部、批難もあった、特に前身の鬼殺隊隊士の子孫たち「祖先が命を懸けて、滅した鬼の始祖を復活させたのか」と・・・・)

賢子、戸惑い

「ほんとなの?」

「わたしは、あなた方と敵対している鬼なのよ」

担当者

「そんなの関係ありませんよ」

「貴女は」

「医学、薬学部門で人に対しも長年、多大な貢献して」

「しかも、その多くの関係者に慕われてるじゃありませんか」

「もっと自信を持って下さいよ」

賢子、きょとんとし そして涙を流し

「み、みなさん」

「ほんとうにありがとうございます」

「こんな、わたしを受け入れてくれて」

つい、ギャン泣きしてしまう

慌てて、それを宥める担当者であった 

 

そこから、新生・鬼跋特務隊と鬼哭院御前・知花鬼刕華との

本格的な戦いが始まるのである

 

 

続く・・・・・