熊さとの戯言

自分の体験などを雑記帳・備忘録として

東京都知事選・・・・ちゃんと投票に行け!!!

自分の感情のまま、暴言する!!!

 

自分は、東京都民ではないが

絶対に、選挙に行ってほしい

 

自分の利益になる公約をしてくれる候補者に

 

そして多くの有権者が投票して、「投票率」を爆上げしてほしい

 

そうしないと、自分たちの生活がドンドン悪くなる一方である

 

 

過去に、野党であった「民主党」を選挙で与党にして、結果見事に裏切られた

 

そのときは、インターネットが余り発展してなく、財政政策でも

緊縮財政が吹き荒れてた

また、投票率50%くらいで組織票が強かったため

大衆より、政治家の社会的安定を直接的関与する(要するに組織票)者たちを優先した

 

大衆は大衆で、マスコミなどを使って、組織票の連中の都合のよい法案を

いかにも、大衆によって良くなることを曖昧に宥めて、おとなしくさせた

 

今は、インターネットも身近なものになってきて

 

コロナのお蔭か?財政政策も「緊縮財政」から「積極財政・財政出動」に流れつつあり、与野党の一部の議員や、野材の政党から「財政出動」の政策や消費税廃絶及び減税の公約を言いやすくなった

 

お金の仕組み=通貨発行権、自国通貨の国債は破綻しないと言うこと知れ渡り、デフレ期の「緊縮財政」がいかに国民生活を蝕んできたかもわかってきた

 

それと、国防に関する危機感も増して来た(例えば、在日外国人の選挙権付与など)

 

前の民主党政権では、

ネットも余り浸透してなく、マスコミ・新聞等一部の発信者のみ情報が入ってこなかったため、政権側は国家国民より自分たちの利益を隠蔽しながら行使できた

 

今は、ネットのお蔭で、ほぼ全ての発信者が情報を流せるため、マスコミ・新聞等の情報だけでなく、多方面に検討出来き、なお隠蔽したくてもできなくなってきた

 

候補者の個人情報(過去履歴)を多方面に流れ、検討もできるようになった

 

前の民主党政権の時とは違い、色んな事を知ることが出来る現在

 

過去の投票トラウマを理由に選挙に行きたくないでは、もう通用しない

 

ほんまに、有権者みんなが投票に行かなければ、

 

この先、増税・セーフティーネットの崩壊など、自分の努力では生活出来ない

そして、治安が悪くなり、本当に「弱肉強食」な世界になる

 

そして、権力を持った者は、投票しない一般大衆の要求を忖度して、一般大衆の利益になる政策は絶対にしないと思った方が良い

 

政治家も、自分たちと同じ人間、霞を食って生きていける仙人ではないのである

 

 

最後に、自分としては、本当に憎く思うのは、

 

不正する政治家や官僚、経団連など業界団体、権力者に忖度する専門家などでなく、

 

数年に1回の1日のチョットした時間を惜しんで、投票に行こうとしない有権者である

 

仮に、国民を分断させて対立をさせるなら、投票に「行く派」と「行かない派」でやった方が良いとさえ思っています