熊さとの戯言

自分の体験などを雑記帳・備忘録として

鬼滅の刃、二次作品

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(9)

黒服の鬼・雄次、再び・・・ 始まるっすよ~ 第9話 対峙 夜のビルの屋上 逃げようとする隊員2人を阻む、雄次 雄次、困った顔で 「何でタイミング悪く見張ってたすか?」 「あの人がいるせいで、君たちを見逃す事できないっすよ」 隊員の1人が 「最重要危険…

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(8)

またまた下手な、戯言小説のはじまるよ(ちびまる子ちゃん風) このストーリーは直ぐに展開が分かってしまうが・・・ 第8話 お遊戯 夜の繁華街(チャラ鬼のいた繁華街とは違う町) 羽織袴姿の御前 正式名は、鬼哭院御前(きこくいん・ごぜん) 温和で人当た…

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(7)

第0話に出てきた人物が登場・・・ では、はじまりはじまり・・・ 第7話 フェクサー 〇〇都道府県警察本部 鬼跋特務隊 局長室 役員デスクの前に 日比野陽壱、武市武雄、 碓氷実那が横に並び 役員椅子に局長が座ってる 40代前半身長180位で、すらっとした…

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(6)

上手くアクションシーンを記述出来ないだろうか? またまた、戯言小説がはじまるよ~ 第6話 決着 夜のビルの屋上 黒服の鬼によって力が上がったチャラ鬼 そして、大きさが武市よりも一回りほど膨れていた チャラ鬼は、力が増幅したせいか、長い腕と爪を 旨…

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(5)

う~ん・・・・ どうしても、長い文章になってしまうな~ それでは、戯言小説が始まりますよ~ 第5話 黒服の鬼 あるビルの屋上 驚愕し固まったチャラ鬼 自分の目の前の鬼によって今の事態を知られる事によって 自分の処遇がどうなるか分からない 自分より弱…

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(4)

どうやって、アクションシーンを上手く表現できるかな・・・ もし、漫画化してもらった時、このように書いたら伝わるかな? と、感じで書いています では、戯言小説始まるでござるよ~ 第4話 対戦 繁華街のある裏路地 チャラ鬼と対峙する陽壱 全集中の呼吸…

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(3)

前の回で書いた、戦う時の描写って、難しいですね・・・・ 下手なりに書いてみました(´;ω;`)ウッ… それと、鬼の定義(呼吸法とかも・・)は、 鬼滅の刃を使った、戯言小説なので 説明は要らないでしょう・・・ それでは、始まるでざますよ~ (2012(令和3…

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(2)

下手な戯言小説の始まりはじまり~ (2021(令和3)年1月20日改編) 第2話 実践訓練 事件現場 一般人が入り込まないよう バリケードテープが張り巡らされ 現場が見えないよう、ビニールシートが建てられた その中には、 余りに酷く損傷した遺体 に 首を…

鬼滅の刃をつかって、戯言小説(1)

つい先日、 この世の中を騒がしている 鬼滅の刃「無限列車編」の映画を見に行った もう、登場人物の見せ場や、アクションシーンが 無茶苦茶良く、絶対観に行って後悔のない映画でした そして、鬼滅の刃のコミックをkindで読んで YouTubeや、Wikipediaなどで…